海好きの海好きによる海好きのための旅行情報ブログ

ビンタン島おすすめディナー「ケロンレストラン」は思い出づくりにぴったり!

このページでは、ビンタン島にある「ケロン・レストラン・ニルワナ」のメニューや行き方、雰囲気についてまとめています。

 

ケロン・レストランとは、海の上にたつ高床式の建物で、新鮮なシーフードを楽しめるレストランです。

とくに「ケロン・レストラン・ニルワナ」は、ビンタン島のディナーにおすすめしたいお店

夕日を眺めながらのシーフードやお酒は格別でした♪

ビンタン島でディナーをするならケロン・レストランがおすすめ

ケロン・レストランとは

「ケロン」とは、インドネシア語やマレー語で「海の中につくった生けすで、魚介類を養殖する高床式の建物」を意味する言葉。

「ケロン・レストラン」では、海や川の上につくった高床式の建物の中で、生けすから取り出したばかりの新鮮なシーフードを楽しむことができます。

ケロン・レストラン・ニルワナとは

わたしたち観光客がアクセスしやすい「ケロン・レストラン」は2店舗あります。

1つは「二ルワナ・リゾートホテル」の敷地内にあり、海の上に建っている「ケロン・レストラン・ニルワナ」。

もう1つは「セボン川」という川の上に建っている「カンポン・ケロン・レストラン」。

 

今回は、ビンタン島のサンセットスポットとして人気の高い、「ケロン・レストラン・ニルワナ」に行くことにしました。

ちなみに、価格的には「カンポン・ケロン・レストラン」の方がリーズナブル。

80万ルピア以上(約6,200円)のお会計でホテルまで送迎無料なんだそうです。

マイミ

地元の人が教えてくれたよ!

 

ケロン・レストラン・ニルワナの楽しみ方

まずは「カリプソ」へ

「ケロン・レストラン・ニルワナ」には、「カリプソ」というバーが併設されています。
ここでの食事はできませんが、お酒と乾き物(この日はミックスナッツ)だけ注文することができる場所。

一度レストランの入り口を入り、店員さんに「カリプソに行きたい」と言うと案内してくれます。

レストランを通り過ぎて、橋を渡った先が「カリプソ」です。

カリプソへの橋

カリプソへ行く途中の橋からの眺め。夕日がキレイ!

カリプソ

カリプソでの1枚。

レストランで食事をする前に、カリプソで一杯飲みながら夕日の時間を楽しむのがおすすめです!

最後にレストランで夕食

カリプソでのお会計が終わったら、橋を戻ってレストランの方へ。

特に予約はしていませんでしたが、一番海側の席に案内してくれました。

見わたしてみると、2人組のお客さんは海側の席を案内されることが多いようです。ファミリーなど、人数が多い場合は、まん中あたりの大きなテーブルに案内されていました。

もし、大人数で行く予定で、海側の席を希望している場合は、事前に予約した方がいいかもしれません。

ケロン・レストラン

写真手前の料理はクラブ(カニ)のにんにく炒め

と言っても、「カリプソ」で夕日を見たあとは、日が沈んで暗くなっているので、海側の席でもあまり景色は関係ないような・・(^_^;

「ケロン・レストラン」の看板メニューは、クラブ(カニ)とロブスター。

 

クラブやロブスターを注文する場合は、生けすまで見にいって、どれを調理してもらうか選ぶことができます。
重さで値段が変わることもあり、お腹のすき具合と相談して決められるのが嬉しいですね。

ちなみに、レストランでのお会計は2人で1,335,000ルピア。日本円にすると約1万円ほどでした。
クラブ、お肉料理、前菜盛り合わせ、ドリンクを合わせたお値段です。

マイミ

インドネシアにしては高い?リゾート価格だからこんなもんかな?

品数だけ見ると少ないようですが、それぞれの量が多かったのでお腹いっぱい。

 

ケロン・レストラン・ニルワナの場所と行き方

「ケロン・レストラン・ニルワナ」までは、ホテルからもフェリー乗り場からも無料シャトルバスで行くことができます。

ただし、無料シャトルバスは1日当たりの本数が少なく、希望する時間にない事が多いので、タクシーを使って行くのが一番便利な行き方になります。

 

帰りは、レストランでタクシーを頼むと、ニルワナ・リゾートホテルの車がタクシーとして迎えに来てくれます。

レストランで乗車し、ニルワナ・リゾートホテルのフロントで一度下車。行き先までの料金を先にフロントで支払ってから、目的地まで走ってくれる、という流れになります。

 

店名 Kelong Restaurant Nirwana(ケロン・レストラン・ニルワナ)
住所
営業時間 11:00~22:30(カリプソは17:00~24:00)
Web 公式サイト:The Kelong Seafood Restaurant

まとめ

高床式のレストランで、新鮮なシーフードを楽しめる、ビンタン島の「ケロン・レストラン」。

もし、夕日を眺めながらゆっくりしたいのであれば、「カリプソ」が併設している「ケロン・レストラン・ニルワナ」へ行くのがおすすめです。

ケロン・レストランで食べてほしいメニューは「クラブ」か「ロブスター」を使ったお料理。

ビンタン島らしいロケーションで、美味しい食事を楽しんできてくださいね!

ビンタン島ってどんな所?島好き女子が基本情報・おすすめホテル&観光など徹底レビュー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA