海好きの海好きによる海好きのための旅行情報ブログ

dicapac(ディカパック)はいつものデジカメが水中カメラになる便利グッズ!

dicapac(ディカパック)

このページでは、dicapac(ディカパック)を使った感想をまとめています。

 

dicapac(ディカパック)とは、デジタルカメラやスマートフォンの防水ケース。

防水ではないデジカメやスマホでも、このケースに入れるだけで水中で使えるというすぐれモノです。

 

でも

  • 本当の水中カメラに比べたら画像が悪く写るのでは?
  • 防水性は本当に大丈夫?

など、買う前に知っておきたいこともありますよね。

 

そこで今回は、実際にdicapacを買って使ってみたレビューをしたいと思います。

 

マイミ

焦って水中カメラ買わなくてよかった♪
買おうとしてたカメラの10分の1くらいの値段だもんね。

クマ

dicapac(ディカパック)で撮れた写真

dicapacのデジタルカメラ用の種類は、カメラの大きさに合わせて4種類あります。

その中で今回購入した種類は「D5B」。

中に入れるカメラはSONYの「RX100MⅡ」です。

 

左がdicapacに入れずに撮った写真、右がdicapacに入れて撮った写真です。

dicapacに入れずに撮った写真

dicapac未使用

dicapacに入れて撮った写真

dicapac使用

マイミ
dicapacに入れてても、見た目はなんら変わらない!

 

ボヤけたり、ピントが合いにくいといったことは一切ありませんでした。

dicapacのレンズ部分は工夫されていて、透過性の高いものが使われています。

デジタルカメラの設定をいじらなくても、普段写真を撮るときのようにシャッターを押すだけでキレイな写真が撮れるのでカンタン♪

dicapac(ディカパック)で撮った水中写真

dicapacで撮った水中写真

 

上の写真は、まさにこの時に撮った写真です。

マイミ
dicapacを持ってるの、見えるといいんだけど!

dicapac(ディカパック)の使用感

良かったところと、イマイチだったところに分けてお伝えしていきますね。

dicapacの良かったところ

GOOD
  • シャッターが押しやすい
  • 水に浮く
  • 10m防水

透明のビニール部分は柔らかく、力を入れなくても、シャッターボタンをラクに押すことができます。

dicapac(ディカパック)を使ってシャッターを押すところ

上の写真を見てもらうとわかるように、カメラを入れると自然と空気も入ります。

この空気が浮力になって、dicapacは水に浮くんです。

万が一、水中で手を放してしまったり、ストラップが外れたりした時も安心!

 

dicapacを閉じるときは、「ジッパーを閉じる折り曲げてマジックテープでとめる最後に大きいマジックテープでとめる」の3段階。

dicapav(ディカパック)の閉じ方

こんなにカンタンで大丈夫?!と思ってしまいましたが、説明書によると

1.0気圧(水深10m相当)の常温水道水に静かに沈め30分放置しても浸水せず。

という試験結果がのっていました。

 

わたしが試したのは、水深2~3mまで持っていき、海に入ってから上がるまで1時間ほど海水につけたままの状態。

それでも中はまったく水が入っていませんでした♪

注意

説明書には「本製品は30分までの防水試験を実施しており、長時間の水中使用を保証するものではありません。」という注意書きがあります。

わたしの実験結果はご参考までに。

dicapacのイマイチだったところ

BAD
  • 押せないボタンがある
  • 本格的なシュノーケリングには不向き

カメラの種類によっては、ズームボタンまで届かないことも。

SONYのRX100MⅡのズームボタンはカメラの前側にあり、dicapacのレンズ部分が邪魔をして届きませんでした。

 

また、シュノーケリングで本格的にもぐりたい場合には、dicapacは不向き。

先ほどの良かったポイント「浮力がある」と矛盾してしまいますが、その浮力がジャマをして、手に持ったまま深くもぐろうとするのは難しいことがわかりました。

 

マイミ

dicapac持って、いい写真が撮れるのは水深2~3mくらいまでかな。
キミの潜水スキルの問題じゃなくて?

クマ

マイミ

そーゆーこと?

 

以上のことから、水際やプールでの水遊びや、水面でのシュノーケリング程度であれば、防水性・安全性ともに満足できる使い心地でした。

dicapac(ディカパック)D5Bの付属品と外観

セットになっているものは、

  • dicapac本体
  • 乾燥剤
  • ストラップ
  • 説明書

の4点です。

dicapac(ディカパック)のセット内容

 

dicapac「D5B」の大きさは横14.3cm×縦12.5cm。

dicapac(ディカパック)の横の長さ
dicapac(ディカパック)の縦の長さ

そして最大の特徴は、レンズ部分がたいらではなく、形づくられているところ。

ズームしたときにレンズが飛び出るカメラでも、中におさまる作りになっています。

dicapac(ディカパック)を横から見たところ

D5Bだと、レンズ部分の長さは4.4㎝です。

dicapac(ディカパック)のレンズ部分の長さ

 

SONYのRX100シリーズだと、dicapacに対してカメラが少し小さめ。

よって、傾けると、カメラのレンズの位置が、dicapacのレンズの位置とずれてしまうことも。

カメラの電源を入れるとレンズが出てくる機種なので、レンズが出ているときはしっくりハマります。

dicapac(ディカパック)にカメラを入れたところ

dicapac(ディカパック)に入れたカメラのレンズを出したところ

マイミ
本体が小さい&レンズが出るタイプのカメラは、電源を入れる時にレンズの位置を合わせるのがちょっとしたコツ。

dicapacのデジカメ対応表はこちら

dicapac(ディカパック)のレビューまとめ

「dicapac(ディカパック)はいつものデジカメが水中カメラになる便利グッズ!」をお伝えしました。

dicapacは、防水ではないカメラやスマートフォンでも、手軽に水中で写真が撮れるようになる防水ケースです。

カメラの種類によっては使えないボタンがでてくるものの、陸上と同じクオリティの水中写真が手軽にとれる便利グッズ。

 

深くもぐるときには不向きな面もありますが、水際、プール、ちょっとしたシュノーケルにはぴったりの防水ケースでした♪

デジタルカメラ用のdicapacの種類は、大きさによって4種類あるので、あなたのカメラにぴったりのdicapacを見つけてみてくださいね!

HeleiWaho(ヘレイワホ)のシュノーケルセット Hele i Waho(ヘレイワホ)シュノーケルセットはコスパ抜群で初心者にもおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA